INNOVATION

Innovationによる人や地域の課題解決を応援します

上士幌カーシェアサービス

町民の皆様や観光、お試し移住でお越しいただいた方の交通の足として、北海道上士幌町の中心部にある「上士幌町交通ターミナル」にて24時間利用できるカーシェアサービスを開始しました。
https://kamishihorocar.com/

上士幌MaaSプロジェクト

2019年10月5日~7日「上士幌MaaSプロジェクト」実施
北海道上士幌町にて、上士幌 MaaS プロジェクトの実証実験を協賛しました。フランスのNAVYA社のARMAというハンドルのない自動運転バスを使い、日本初となる公道の貨客混載での走行を行いました。また、今回開発したMaaSアプリを使って電動キックボードや電動自転車等の多彩な移動手段での回遊観光の実証を行いました。

https://www.innovation-challenge.jp

日本最大級ドローンショー

国内最大規模を誇る「レッドクリフ」のドローンショーを取り扱っています。花火とのコラボレーションや、サプライズイベントとしてドローンショーは感動を与えること間違いなし。ご相談はこちらから→お問合せフォーム

Global Innovation Challenge
生活支援ロボットコンテスト

2021年6月に第1回の生活支援ロボットアワードを実施しました。フランス、スイス、台湾、日本から全4チームが参加しました。リモートでの開催となりましたが、各チームのパイロットがロボットを駆使して課題を達成しました。次回は2023年6月につくば市での開催予定です。

2019年10月21日に「生活支援ロボットコンテスト」の記者会見を六本木ヒルズにて開催しました。高齢者や障害者が障害を意識することなく生活できる社会を目指し、生活支援ロボット分野の技術開発の加速を目的としたロボットコンテストを開催します。

https://global-innovation-challenge.com
協賛会社としてGICを応援しています。

Japan Innovation Challenge
山の遭難救助ロボットコンテスト

2022年10月8日~10日「山の遭難救助ロボットコンテスト」を開催予定です。今年のテーマはリモートです。現地に駆け付けることなく、リモートからロボットを駆使して課題にチャレンジしていただきます。
—-
2019年10月9日~11日「山の遭難救助ロボットコンテスト」実施
1日目は悪天候のため、競技中断がありましたが、会期を通じて無事実施することができました。今年は遠距離での捜索、救助でしたが、見事、課題1、課題2の達成チームがありました。また、課題3に果敢にチャレンジしたチームには上士幌町町長特別賞が贈られました。
—-
https://japan-innovation-challenge.com/
協賛会社としてJICを応援しています。

NIGHT HAWKS

2021年から開始した「NIGHT HAWKS」は、夜間にドローンを使って遭難者の捜索や救助を支援するサービスです。一人でも助かる命を増やしたいという思いを持ったドローンのスペシャリストが集まった活動です。

https://japan-innovation-challenge.or.jp/
協賛会社として活動を応援しています。